旦那の不倫体験談

もうイヤ!二度と経験したくない不倫の修羅場

主人と2歳の娘と3人暮らしをしている専業主婦、30歳です。

交際していた頃から週に1度、やたらと帰りが遅くなる日がありました。

そして、その日はいつも友人と飲んでいると話しており、電話やメールをくれることもありませんでしたが、私も彼を疑ってはいませんでした。

今思えばかなりあやしい話ですが、恋は盲目と言うか…彼を信じきっていました。

結婚してからもしばらくそれが続き、徐々に「新婚生活なのに、こんなのってどうなの? 本当に友達なのかなぁ。

」と思うようになりました。

どうやったら真実がわかるのだろう…と考えた私は、何度も何度も悩んで、ついに主人の携帯を見てしまったのです。

とても心苦しかったのですが、もうこのモヤモヤを一刻も早く払拭したいという思いでした。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

寝ている主人の携帯をこっそり開いたら…

そして、寝ている主人の横でこっそり携帯を開くと、そこには女の存在がありました。

すぐに主人を起こし、問い詰めると、簡単に彼は白状し、「別れ話は何度もしたが、別れるなら何するかわからないと言われ、このままずるずるきてしまった」というものでした。

もはや彼の言い訳なんてどうでもよく、「別れる!」とさけんだ私に、主人は初めて涙を見せて、私にすがりついてきました。

正直あんな主人を見たことがなかったので、頭に血がのぼっていた私ですが一気に驚きで、というかドン引きで冷静になりました。

そして私はすぐに相手の女性に電話をしました。

すると、これまた驚きで、「あ、バレちゃった?あはは(笑)」とまるで嘲笑うかのような反応でした。

bsC777_iphonewomiserukoibito_small

話を聞いてみると、相手の女性は、私よりも前から主人と付き合っており、別れられないまま私と交際、結婚へと進んだ、ということでした。

つまり、本来の浮気相手は私だったということになります。

非常にショックを受けましたが、主人の気持ちは私一筋だということを確認して、相手の女性に別れ話をもう一度してもらうことになりました。

相手の女性は 「どうしても別れたいなら家まで来なさい」と言ってきました。

私がそれを嫌がると、「あなたも来ればいいじゃない。

」と言うので、二人で相手の女性の家に行くことにしました。

浮気相手はどんでもない女だった

相手の女性の自宅へ行き、私はリビングの見える玄関で待たせてもらうことにしました。

とても主人と相手の元愛の巣に入るなんてできなかったのです。

しかし、中の様子は丸見えで、会話もすべて聞こえていました。

相手の女性が主人に「◯◯でデートもしたね」「私の◯◯が好きって言ってくれたよね」と、主人をひきとめるように、主人との思い出を語り、それをひたすら聞かされた私は地獄だと思いました。

そのあと、それでもかたくなに、「もうお前に気持ちはない。

別れてください。

」という主人に、相手の女性は「土下座して謝れ。

」と言い、土下座した主人にビンタを食らわしてました。

bsPAK86_munaguratukandeba-n20140321_small

最後に、隣の寝室?から、相手の女性の友人たち4名が出て来て、5人がかりで罵声を浴びせられ、それが終わったときにはもう朝になっていました。

帰り際、「もう金輪際主人との関わりをなしにしてください」「もう関わりたくもないから安心して」という約束を交わし、終結しました。

しかし、一週間後、主人の携帯に相手の女性から着信があったので私が出ました。

「関わらないと約束したじゃないですか!」と言う私に、相手の女性は「あなたと私の間にそもそも信頼関係がないんだから、約束なんて成り立たないわよ(笑)」と言いました。

もう話が通じない相手だと諦めて放置した結果、その後はもうなにもなくなり、いつのまにか事件は終わりました。

今は2人目を妊娠中で、夫婦仲も良好です。

しかし、彼の携帯を見ることが日課になってしまい、今もそれはなおりません。

本当の意味で主人を信頼できていないのかもしれません。

ともかく、もうあんな修羅場は絶対に経験したくありません。