探偵事務所の選び方

探偵に浮気調査依頼をする時に必要な情報とは

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

情報の少なさは調査の遅延を招く!?

浮気調査をしてもらう時に、自身はよく知っている人物であったとしても調査会社の人にとっては全く見ず知らずの顔も見たことのない人の調査を、数日もしくは数週間行わなくてはいけないわけですから、どんなに小さな情報でもできる限りの情報が欲しいというのが本音です。

でなければ、情報の多さで調査内容や調査にかかる時間、費用までが左右されてしまうかもしれません。

1日でも調査が伸びてしまえば、何万円という金額が上乗せされてしまいます。

ですから、たくさんの情報を提供することは自身にとってもとても重要なポイントとなるわけです。

調査対象の行動範囲と生活スタイル

まず大切になるのが、調査対象者となるパートナーの行動範囲です。

浮気をしているであろう日は、だいたいどういった理由をつけてくるのか、どういった行動や言動が多いのかをメモに書き記しておくと調査の際に役立ちます。

また、何時に起きて、何時に出社し、何時頃帰宅をするのか、夕飯は食べる派なのか、お昼は外で食べているのか、どのような仕事をしているのかなど、基本的な情報をしっかりと伝えることも、調査の速さを格段にあげてくれます。

浮気相手のことはわかる範囲で

携帯の履歴やメール、LINEなどのやりとりなどを見て、浮気相手がだいたい誰なのか想像がつくという場合もあるでしょう。

そんな時は、会っている会っていないに関わらず、「もしかすると浮気相手は○○かもしれない」と情報を提供することです。

できることなら、履歴が残っている物については自身の携帯で写真を撮っておきましょう。

この先どういたいのかがわかりますか?

調査も進んでいない中で、この先もしもパートナーが浮気をしていることがわかってしまったら、どうしようと思っているでしょうか?別れるつもりがないのであれば、後々の結果で変わるかもしれなくても、離婚は前提にしていないという自身の意志もしっかりと伝えることが大切です。